3月14日(土) | LEAFMANIA

村上雄一茶器個展 Yuichi Murakami teaware solo exhibition

お申し込みの受付は終了しました。
村上雄一茶器個展 Yuichi Murakami teaware solo exhibition

Date & Venue

2020年3月14日 13:00 – 2020年3月22日 20:00
LEAFMANIA, 日本、東京都台東区松が谷4−19−8

作家さんからのメッセージ・Artist's message

私はPureなものに惹かれます。

究極は石です。

しかし陶磁器は作為的に地層の営みを人間の都合の良いように形にしたものです。 

でも景徳鎮で見た北宋の青磁は翡翠を狙っていたのだと肌で感じて以来陶磁器の 本質を見つめるようになりました。

その答えが今の仕事です。  

磁器の素の青白磁、原土の朱泥。  

人工施釉以前の焼き方で再現した須恵器。長石を溶かしたFeldsparシリーズ。そして野焼き。  

陶磁器制作は作為的な行為ですがその本質を見つめ、素直に道具の機能に寄り添い、お茶の味という目に見えないところにも寄り添い、

私の考える心地良いを陶磁器を通じてお客様と共有できたら幸いです。   

村上雄一

Pure things always capture my heart. 

Ultimate is stone. 

Ceramics is artificially using earth layer activity to make object in favor of human being. 

However, after I saw the celadon of the northern song dynasty in Jingdezhen was aiming at jade, I felt that I had found the essence of ceramics. 

The answer is what I am doing now. 

Unornamented bulish white porcelain, simple reddish brown clay. Unglazed vessels presented before artificial glazing. "feldspar" series by melting feldspar, and open buring. 

Ceramics is artificial, but I would like to pursue the essence of it to focus on its function as a tea item, and focus on presenting the invisible tea taste. 

It will be greatly appreciated if I can share these with you through ceramics which I think is comfortable.

Yuichi Murakami